ネットで申し込みが行えるオリックス銀行カードローンは、契約も来店不要で進められます。

来店不要のオリックス銀行カードローン

頼れるオリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンはネットでの申し込みで手続きを進めるサービスであり、来店不要で契約まで行えるようになっています。自宅にいながらでも外出先でスマートフォンからでも手続きが可能です。

銀行のカードローンの中には店舗での契約が必要となる場合も多く、特に地方銀行のカードローンでは仮申し込み自体はネットで行えるとしても、本契約となると店舗での手続きが必要となるところがあります。店舗に行くとなるとどうしても抵抗を感じてしまうものですが、オリックス銀行カードローンであれば不要となるので安心です。

申し込み後の審査回答は最短即日と比較的早く、初回の借り入れに関しては当日中とはいきませんが、契約後のカードを利用する借り入れ、または銀行振り込みによる融資であれば最短即日も可能となるため、オリックス銀行カードローンは何かと暮らしに役立つ利用ができるようになっています。

オリックス銀行カードローンの基本

第0位

オリックス銀行カードローン

来店不要で口座開設も不要となる、安定した収入を持つ方に頼れる低金利の銀行カードローンです。

金利限度額審査時間来店
年1.7%~17.8%最高800万円最短即日不要
金利と限度額に優れるオリックス銀行カードローンは、申し込みから契約まで来店不要、口座開設も不要で手続きが進められます。自身で安定した収入を得ている方の利用に限られますが、自営業者や事業主の方でも事業資金でなければ利用が可能であり、頼れる借り入れ先となっています。少額の利用からまとまった金額の借り入れまで、リボ払いからの借り換えも含めて幅広く利用ができるのも良い点です。
オリックス銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る

申し込みと利用のための条件

オリックス銀行カードローンの申し込みは、本人に安定した収入がないと行えません。正社員や公務員といった方など、毎月の安定した収入が無いと審査云々以前にカードローンの申し込み自体ができないため、オリックス銀行カードローンの利用を検討する時点で収入が安定しているかを考える必要があります。

オリックス銀行カードローンで定める安定した収入とは、簡単に言えば給与所得となります。つまり、毎月の決められた日にちに入る一定額のお金が安定した収入となり、お金が不定期に入ってくる場合や、金額の変動があまりにも大きい場合には安定した収入とはされなくなってしまいます。

月ごとの多少の給料の増減であれば大きな問題にはなりませんが、例えば日払いのアルバイトやスポットの派遣での仕事など、今後の収入が安定するかは分からないとなるとオリックス銀行カードローンの利用条件が満たせなくなります。

決まった職場に勤めており、毎月の給料が安定している正社員や公務員といった方、またはある程度の営業年数を持つ自営業者や個人事業主の方が対象となるのがオリックス銀行カードローンです。

  • 金額の取り決めは特には無い

オリックス銀行カードローンの公式サイト上から確認ができるカードローンの商品説明書を見ると、利用対象者の欄に「原則、毎月安定した収入のある方」と記載がされています。安定した収入を得ていれば年収などの制限は設けられていませんが、だからと言って収入が低すぎる方でも安定していれば借りられるといったわけではないので、銀行のカードローンといった面で考えてもやはりそれなりの水準での収入が必要となります。

利用ができる年齢の条件

どのカードローンにおいても利用可能年齢が定められており、オリックス銀行カードローンでも対象となる年齢が決められています。申し込み時の年齢で満20歳以上69歳未満の方となり、未成年の方や70歳以上の方はオリックス銀行カードローンへの申し込みが行えません。

一部の信用金庫などでは未成年者でも親権者の同意等があれば一定額までお金が借りられるサービスを提供しているところがありますが、多くはオリックス銀行カードローンと同様に未成年者への融資は行っていません。

例え20歳未満でしっかりとした安定した収入を得ているとしても、年齢の条件を満たさないことには利用のためのスタートラインには立てません。収入が安定していること、そして年齢が満20歳以上で69歳未満の方でないと、オリックス銀行カードローンの申し込みが進められないのです。

契約中に年齢が69歳を超えた場合は?
オリックス銀行カードローンの契約中に年齢の上限を超えた場合には、以後は毎月の返済を行うだけとなります。カードローン申し込みは満69歳未満の方となりますが、契約自体が70歳になった時点で打ち切られるわけではないので、正常な利用を進めている限りは70歳になった時点で完済を求められることもありません。

オリックス銀行カードローンはある程度の年齢を重ねており、安定した生活レベルを確立している方からの人気が高く、50代や60代の方の利用者も多くなっています。そのため、契約中に年齢の上限を超えてしまった場合はどうなるかと不安に感じる方もいますが、年齢を超えてしまったからと言って全額返済を求められるわけではないので心配はいりません。

毎月の返済に関しては今まで通りに進める必要があり、限度額内での繰り返しの借り入れといった便利なカードローンならではの使い方はできなくなってしまいますが、変わらない計画で返済が進められるので安心ができます。

60代の方などは年齢によっては契約中に69歳を超えてしまう可能性があり、それがネックとなってオリックス銀行カードローンへの申し込みを躊躇ってしまうこともあります。しかし、追加での借り入れができなくなるだけで、返済に関してはそれまでと同じペースで進められるので不安に感じることはないのです。

  • 必要であれば考える

年齢を問わずですが、本当にお金が必要であればカードローンの利用を考えるのも一つの解決方法です。お金に困ってしまったとき、友人や知人などの周りにお金の相談をすると人間関係のトラブルにも発展する場合がありますが、オリックス銀行カードローンなら担保も保証人も不要で自分一人での借り入れが利用ができるため、周りに迷惑をかけることもありません。

  • 無駄に借りるのは避ける

利用条件の年齢を契約中に超えてしまうと、以後の借り入れは行えなくなります。だからと言ってその時点での限度額一杯までお金を借りるようなことはせず、しっかりと返済を第一に考えたカードローン利用を行ってください。借り入れ額が増えれば毎月の返済金額も増えてしまうため、大きな金額を借りるとその分だけ月々の返済の負担も膨れ上がってしまうのです。

申し込みから契約で必要な書類

オリックス銀行カードローンでは申し込みから契約で必ず必要となる書類と、場合によっては必要となる書類がそれぞれ決められています。必ず必要となるのは本人確認書類で、申し込み者本人と確認ができる書類を用意しなければなりません。

確認書類として認められているものはいくつかあり、何れか1通の写しを提出する必要があります。書類の提出は審査結果の連絡後に行うこととなり、登録メールアドレス宛に届く必要書類アップロード用URLから、スマートフォンのカメラなどで撮影した確認書類をWeb上で送れるようになっています。

申し込み者側からの郵送などは不要となっているので、手間も時間もかけずに書類の提出が行えるのがオリックス銀行カードローンの利点です。郵送が必要な手続きとなると契約までに時間がかかってしまい、FAXとなると手間もかかってしまいますが、Web上でアップロードで提出が行えるオリックス銀行カードローンはその点で優れています。

  • 場合によっては追加書類が必要

本人確認書類に加え、申し込みの内容や審査の結果によっては追加で別の書類が必要となります。どのような書類が必要になるかは審査の結果次第となりますが、まずは基本となる本人確認書類はしっかりと用意をしておきましょう。

返済方法を口座引き落としとする際には、預金口座振替依頼書も必要となります。引き落としでの返済ではなく、カードを使ったATMでの入金や銀行振り込みでの返済であれば不要です。

書類提出時の注意点

本人確認書類やその他の必要書類の提出は、カメラで撮影したものやスキャナで読み取ったものなど、画像化した書類を指定URLへのアップロードで行います。写しを提出することとなるので、文字が潰れてしまっている状態や画像が暗い場合など、鮮明に画像化がされていないと再提出が求められてしまう場合があります。

それぞれ確認書類として重要なものとなるので、しっかりと鮮明に撮影ができていないとオリックス銀行側も書類として認めてはくれません。明るいところで文字がしっかりと見えるように、なるべく傾きなどもないように綺麗に撮影をしておけば大体は問題がありませんが、あまりにも写りが悪いなどの場合には再提出の手間がかかることとなるので注意が必要です。

書類の再提出となれば再び撮影をする手間がかかるだけでなく、契約の手続きに余計な時間がかかることにもなります。なるべく早めに契約を進めたい場合には大きなロスともなりかねないので、一回の提出で済むようによく確認をしてからアップロードを行うようにしてください。

▼オリックス銀行カードローンについて

オリックス銀行カードローンのその他の基本的な情報は、申し込み前にしっかりと確認をしておきましょう。各ページの情報を確認してから、無駄のない申し込みを進めるようにしてください。

トップへ戻る