ネットで申し込みが行えるオリックス銀行カードローンは、契約も来店不要で進められます。

どのような郵送物が届くか

カードローンの利用で気にする方が多いのが、自宅宛の郵送物です。契約時や利用後にはどのような郵送物が届くのか、郵送物によって家族にカードローン利用がばれてしまうのではないかと不安に感じるためです。

オリックス銀行カードローンでも郵送物は届けられますが、カードローン関連の郵送物となると基本的には契約時のローンカードなどが入った封筒だけとなります。その他には特に細かな郵送物は届かないようになっているので、気になる方でも安心と言えます。

  • 利用明細は郵送されない

銀行振り込みでも借り入れが利用できるオリックス銀行カードローンでは、振り込みでの融資となったとしても利用明細は郵送はされません。Web上の会員専用メニュー「メンバーズナビ」から取引明細が確認できるようになっているので、たとえ振り込みで借り入れや返済を行ったとしてもその都度、明細が郵送されることはないのです。

中身が分からない封筒

利用明細の郵送がないオリックス銀行カードローンですが、ローンカードだけは封筒に入って届けられます。ローンカードの郵送によって契約が家族にばれてしまうと感じる方もいるかもしれませんが、オリックス銀行カードローンの場合には封筒だけではカードローン契約とは分からないようにしてくれているため、そこまで大きく気にする必要もありません。

オリックス銀行が通常業務で使用している封筒と同じもので届けられ、封筒の外側にはカードローンの文字は記載されていません。差出人名こそ「カードデスク」となっていますが、これはオリックス銀行のカードの郵送を行うところとなっているのでカードデスクからの郵送物だからと言ってローンカードの郵送とは分かりません。

封筒の中身を見ない限りはオリックス銀行からのどのような郵送物かは分からず、受け取りも本人に限定がされるため、扱いにさえ気をつけておけば封筒だけでオリックス銀行でのカードローン契約を行ったとは分かりません。

家族に内緒で借りたいと考えている方は、仮に封筒を見られてもオリックス銀行で口座を開設したといった言い訳も通用がしやすいので、怪しい差出人名になりがちな消費者金融での契約に比べると、オリックス銀行カードローンは郵送物でばれにくいと言えます。

  • 銀行は銀行名の封筒が多い

オリックス銀行カードローンではオリックス銀行からの郵送物となるように、銀行のカードローンは郵送物の差出人が銀行名となる場合がほとんどです。銀行からの郵送物とは封筒を見れば誰でも分かりますが、銀行からのどのような郵送物であるかは中身を見ないと分からないので、仮に差出人名を見られてしまってもカードローン契約とばれてしまうわけではありません。

  • 消費者金融は伏せている

銀行名での郵送物となる銀行カードローンに対して、消費者金融の場合は郵送物がある場合に、差出人は消費者金融名が伏せられた別の表記がされています。例えば大手消費者金融のカードローンサービスであるプロミスの場合には、郵送物の差出人名は「事務センター」となります。アコムは「ACサービスセンター」といったように、消費者金融はサービス名を伏せています。

プロミスからの郵送物の差出人名である「事務センター」、アコムの「ACサービスセンター」とそれぞれは見ただけではすぐにプロミスやアコムからの郵送物であるとは分かりませんが、ネットで調べるとすぐに分かってしまう問題点があります。

銀行とは異なり消費者金融からの郵送物はカードローンの手続き以外には無いので、差出人名が伏せられているとしても見られてしまって調べられてしまうと、消費者金融での契約を行ったといった事実がばれてしまいます。

銀行からの郵送物のように自然な言い訳が通用しなくなってしまうので、オリックス銀行カードローンのような銀行の通常業務で使用する封筒による郵送物となる借り入れ先であれば、家族に内緒にしたい、郵送物でカードローン契約がばれたくないと考える方にも適しています。

実際に使用されている封筒

オリックス銀行カードローンの郵送時に実際に使用されているのが、以下の封筒となります。表も裏も「カードローン」の文字は記載されていないことが分かります。

なるべくなら封筒は見られないようにするのが安心ですが、万が一にも見られてしまったとしてもオリックス銀行でカードローンの契約を行ったとは分からないため、知られずに手続きを進めたい方でも安心なのです。

別の郵送物が届く場合

カードローン契約における郵送物は基本的にはローンカードや契約書類となりますが、場合によってはその他にも郵送物が届くこともあります。正常な利用をしている限りは気にする必要はありませんが、返済に関するトラブルを起こしてしまった場合などはオリックス銀行、または保証会社からの郵送物が届きます。

例えば、長期間に渡って返済を滞納している状況においては、保証会社からの郵送物が届けられる場合があります。このときの郵送物の差出人はオリックス銀行名の封筒ではなく、保証会社からの郵送物となるので別の封筒となります。

しっかりと期日通りに約定返済金額の入金を行っている限りは気にすることではありませんが、郵送物が届かない、銀行名の入った封筒だけしか届かないからと軽く考えて返済を疎かにすると、保証会社からの厳しい対応をされるケースもあるために注意が必要です。

オリックス銀行カードローンの返済が長期に渡って行われないと、保証会社が債務を受け持つ場合があります。その後の返済は保証会社に対して行うこととなり、通常の金利よりも高い遅延損害金も発生するために返済はしっかりと確実に行うようにしてください。

パンフレットなどの郵送

オリックス銀行との取引があると、案内などのパンフレットやダイレクトメールが届けられる場合があります。何らかのキャンペーン等があると届けられることがありますが、オリックス銀行でのカードローン契約者に対して送っているものではなく、オリックス銀行との取引がある方に対してのものとなります。

つまり、カードローンの契約をしていないとしても、オリックス銀行での口座開設者やその他の商品での取引がある方に対しても届けられている郵送物であるため、何らかの案内が届いたからといってカードローン契約が分かってしまうわけではありません。

銀行からの郵送物が届くだけなら取引内容が分かるわけでもないので、パンフレットやダイレクトメールが届いたからといって、その内容からオリックス銀行でカードローンを契約しているとは分かりません。

多くの金融機関で取引がある方に向けたダイレクトメールやEメールの送信をしており、何もオリックス銀行が特別といったわけでもありません。銀行からの郵送物は珍しいことでもないので、カードローン契約時のローンカードの郵送以外は大きく気にするまでも無いのです。

プライバシーを守ってくれる

信頼のできる金融機関での借り入れとなるオリックス銀行カードローンは、プライバシーをしっかりと守ってくれます。本人以外にカードローンの郵送物を届けることもなく、契約前の審査においても本人以外にはカードローンの手続きであると明かすことはありません。

消費者金融でも現在は大手であれば信頼ができるようになっていますが、それでも消費者金融は不安と今でも感じる方が多いのも事実です。その点で、金融機関での借り入れとなるオリックス銀行のカードローンであれば、消費者金融での利用は躊躇ってしまう方でも検討がしやすくなっています。

審査時においても契約時や利用時の郵送物においても、プライバシーを守ってくれるオリックス銀行カードローンであれば、カードローン利用が初めての方にも適する借り入れ先となってくれることでしょう。

第0位

オリックス銀行カードローン

来店不要で口座開設も不要となる、安定した収入を持つ方に頼れる低金利の銀行カードローンです。

金利限度額審査時間来店
年1.7%~17.8%最高800万円最短即日不要
金利と限度額に優れるオリックス銀行カードローンは、申し込みから契約まで来店不要、口座開設も不要で手続きが進められます。自身で安定した収入を得ている方の利用に限られますが、自営業者や事業主の方でも事業資金でなければ利用が可能であり、頼れる借り入れ先となっています。少額の利用からまとまった金額の借り入れまで、リボ払いからの借り換えも含めて幅広く利用ができるのも良い点です。
オリックス銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る
トップへ戻る