ネットで申し込みが行えるオリックス銀行カードローンは、契約も来店不要で進められます。

オリックス銀行カードローンの審査

審査に通らないことにはオリックス銀行カードローンでの借り入れは利用ができないため、申し込みの条件の確認に加え、審査に関してもしっかりと知っておかなければなりません。オリックス銀行カードローンでの審査通過のためには最低限の基準や注意点があるので、知らずに申し込みを進めても審査落ちとなってしまう場合があります。

正確な詳細な審査基準までは公表がされていないためにあくまで傾向とはなりますが、それでも何も知らずに申し込みを進めてしまうよりも、無駄な審査落ちを防げるようにもなります。通る見込みがないオリックス銀行カードローンでの審査を受けても意味が無いので、まずは通る可能性がある状態での審査が進められるようにしておくべきなのです。

  • 無駄な申し込みは今後の審査に影響する

オリックス銀行に限らず、カードローンの申し込みを行うと一定期間は信用情報機関に履歴が残ります。一般的に多くの履歴があるとその後の審査にも不利に働いてしまうため、余計な通る見込みがない審査を受けてしまうと、今後の他社でのカードローン審査に悪影響を与えてしまう可能性があります。

審査は銀行と保証会社が行う

銀行のカードローンは借り入れを行う銀行自体の審査と、加えて別途定めている保証会社の審査に通過をする必要があるとするところがほとんどです。銀行と保証会社の二つの審査を受けるとは言っても申し込み自体は一度となるために手間はかからず、保証会社を利用するからといって面倒なことはありません。

定める保証会社の保証契約を利用するために借り入れを行う際の担保や保証人は不要となり、オリックス銀行カードローンでもオリックス・クレジット株式会社か、新生フィナンシャル株式会社のどちらかの保証が受けられれば借り入れが可能となります。

保証会社が2社となっていますがやはり申し込みは一度でよく、基本的にはオリックス銀行カードローンへの申し込みを行うとまずはオリックス・クレジット株式会社による保証審査が行われ、希望に添えられない場合には新生フィナンシャル株式会社による保証審査が行われます。

どちらの保証会社を利用するとしても保証料は不要であり、金利に余計な保証料が加えられるといったこともありません。保証会社を利用すると聞くと費用がかさむように感じてしまいますが、オリックス銀行カードローンでは保証料はかからないので安心です。

  • 保証会社による審査の違い

カードローン審査の多くは保証会社が行うため、保証会社の違いが審査に通るかの大きなポイントとなります。保証会社が1社のみとなっているよりも、オリックス銀行カードローンのように基準が異なる2社の保証会社を用意している方が利用者に合わせられるため、それぞれの保証会社の基準で審査通過ができる可能性があります。

  • 保証料はしっかりと確認

オリックス銀行カードローンではどちらの保証会社を利用するとしても保証料はかかりませんが、金融機関によっては借り入れの金利に加えて保証料が年率でかかる場合があります。オリックス銀行カードローンと他の借り入れ先での比較検討をしている方は、金利だけでなく保証料の有無もしっかりと確認をするようにしましょう。

審査通過に必要な収入条件

オリックス銀行カードローンの申し込み条件は「安定した収入」となっており、金額の基準は設けられていません。一部のカードローンのように年収がいくら以上などとは定められていないため、安定した収入を得ていればとりあえずは申し込み自体は行えます。

ただ、申し込みを行ったからといって審査に通過ができるわけではなく、低金利カードローンとなるオリックス銀行カードローンでは安定した収入があるとしても、金額自体が大きくない場合には審査通過が難しくなってしまいます。

具体的にいくらの収入があれば審査にクリアができるといった線引きは明かされていないので分からないものの、アルバイトやパートの方などの収入では安定していてもやはり難しいです。アルバイトなどの方は低金利の銀行カードローンではなく、早い手続きの消費者金融での借り入れを考えた方が審査も無駄にはなりにくいので、オリックス銀行カードローンはある程度の水準で安定した収入を持つ方の借り入れ先となります。

オリックス銀行カードローンは20代などの若い方よりも、安定した生活水準となっている40代や50代の方に人気です。40代や50代の平均的な年収を基準として考えれば、500万円以上の安定した年収を得ていれば一先ずの収入面のハードルはクリアができると考えられます。

収入だけでは決まらない

いくら収入が多いとしても、それ以上にカードローンやクレジットカードの利用が多ければ審査通過は難しくなります。収入の安定性や金額面はたしかに重要ですが、同じく重要となるのが他社利用がある方の借り入れ状況です。

収入がいくら多くて安定しているとしても、既に返済が苦しくなるような借り入れ総額となっているのでは、当然ながらオリックス銀行カードローンでの新規融資は難しくなります。また、他社の返済の状況も言うまでも無く重要で、正常な返済が行えていないなどの場合には審査に通ることは無いとまで言えます。

収入から考えて返済は問題なく行える範囲内なら、他社での借り入れがあっても審査通過の可能性はあります。ただ、収入から見て多すぎる借り入れや、他社への返済が遅れていたり不足での入金を繰り返しているような状況では、オリックス銀行カードローンの審査通過は難しくなってしまうのです。

  • 返済の状況は信用情報機関で分かる

オリックス銀行、および保証会社による審査の際には、保証会社への情報照会を行います。信用情報機関には他社での借り入れがあれば金額や毎月の返済状況、過去の大きな返済の遅れなどの事故情報が記録されているため、他社への返済が遅れていると審査の段階ですぐに分かってしまいます。

審査の基本となる部分は収入と他社の利用履歴であり、収入が少なすぎても難しく、他社の借り入れが多すぎても審査通過ができなくなるので、オリックス銀行カードローンに申し込みを行う際には自身の状況を再度確認をしておく必要があります。

収入に対して借り入れが多すぎないか、借り入れが多すぎないとしても返済は払い忘れなどもなくしっかりと正常に行えているかを確認し、問題がないとなれば不利のない審査のスタートラインに立てるようになります。

収入面や借り入れの面で問題が無くても審査結果はどうなるかはオリックス銀行と保証会社の基準によるため、まずは審査に対して不利がないような状況で申し込みを進めなければならないのです。

審査で重要な信用情報機関

オリックス銀行を含め、どのカードローンサービスでも審査を受ける際には信用情報機関への照会を行います。信用情報機関に記録されている情報が審査結果を大きく左右するため、オリックス銀行カードローンの審査においても信用情報機関の存在は重要な役割を担っています。

現在、カードローンを初めとする各種ローンやクレジットカードなど、主に借金の信用情報を扱う機関は3つあります。それぞれで扱う情報や加盟しているサービスが異なりますが、全国銀行個人信用情報センター(全銀協)、株式会社CIC、株式会社日本信用情報機構(JICC)の3つの情報機関で信用に関する情報を保有しています。

この中でオリックス銀行が加盟しているのが全銀協、保証会社であるオリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社が加盟しているのがCICとJICCとなります。3つの信用情報機関があるとしても、オリックス銀行カードローンの審査では何れの情報も重要となるため、どこかにネガティブな情報が記録されてしまっていると審査に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。

カードローンの申し込みや利用を行うと、借り入れ先が加盟をしている信用情報機関への情報の共有が行われます。申し込み時の確認事項に記載がされているので、しっかりと目を通しておくようにしましょう。

それぞれの信用情報機関の特徴

全銀協、CIC、JICCと異なる3つの信用情報機関には、それぞれ加盟するサービスの特徴があります。扱う情報に関しても若干の違いはありますが、3つの信用情報機関はそれぞれで情報を共有しているため、例えばJICC加盟の借り入れ先で何らかのトラブルを起こしてしまうとすると、加盟外であったCICでもその情報が確認できることになります。

JICCにネガティブな情報が記録されてしまったからと言って、JICCに加盟をしていない銀行カードローンに申し込みをしたとしても意味がないのです。それぞれの信用情報機関では加盟するサービスの違いはありますが、基本的には1つとして考えておいても問題はありません。

  • 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

その名の通り主に銀行が加盟する信用情報機関となり、以下の情報を取り扱っています。
1)ローンやクレジットカード、その他の保証などに関する取引情報
2)当座取引における手形や小切手の不渡に関する情報
3)自己破産や民事再生などの官報に記載がされた情報
4)本人からの申告によって登録される本人申告情報
5)全銀協への情報照会を行った目的や履歴の情報
※ 4)の本人申告情報は、本人確認書類の紛失や盗難などにより、名義を不正に使用される可能性がある場合に本人からの申告によって登録される情報となります。

  • 株式会社CIC

信販会社を中心に加盟をしていますが、3つの信用情報機関においても中核的な位置付けとなっています。扱う情報は主に以下の通りとなります。
1)本人を識別する情報や、新規申し込みの際の照会履歴情報
2)契約内容や返済状況、その他の契約にかかる基本的なクレジット情報
3)利用途上における支払能力を確認するための利用記録情報
※ 2)のクレジット情報には様々な内容が記録されており、借り入れに関わる契約日や契約の種類、支払い回数、契約額などの細かな内容や、毎月の入金の履歴や大きな返済の遅れや保証履行、破産などの事故情報を表す「異動」記録などもあります。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)

主に消費者金融が加盟する信用情報機関となり、以下の情報を取り扱っています。
1)本人を特定するための情報や、契約内容に関わる情報
2)入金日や残高、延滞等の返済状況に関わる情報
3)保証履行や債務整理などの取引事実に関わる情報
4)申し込みの履歴に関わる情報
※ 3)の取引事実に関わる情報は、所謂「事故情報」となります。正常な返済を進めている限りは特に悪い情報が記録されることはありませんが、長期に渡る返済の延滞によって保証会社による弁済が行われるなどとなると保証履行となり、ネガティブとされる情報が記録されます。

ある程度はまとめて記載をしているために上記だけでは分かりづらい部分もありますが、基本的にはどの信用情報機関でも申し込み者本人に関する情報と、取引における利用内容を表す情報を記録していることとなります。

加盟するところが異なるだけで大体は似た内容が記録されており、さらには全銀協もCICもJICCも信用情報の共有を行っているため、何れかの信用情報機関にネガティブな情報が記録されてしまうとその後のカードローン審査にも大きな影響が出てしまいます。

加盟外の信用情報機関にも注意

3つの信用情報機関のうち、申し込みを行うところが加盟する信用情報機関に悪い情報が無ければ審査では不利にならない、審査の対策になると考える方がいます。

例えば、JICCにのみ加盟する消費者金融で借りているとして、返済が長期に渡って延滞をしてしまうとJICCに事故情報が記録されることになります。JICCに事故情報があると加盟のカードローンでは難しいのは言うまでも無く、それならとJICCに加盟をしていないところを選べば大丈夫だろうといった考えです。

たしかに加盟をしていないところであればJICCのネガティブな情報は確認ができませんが、全銀協とCICとJICCはそれぞれで情報を共有しているため、たとえJICCに加盟をしていないカードローンやクレジットカードの審査を受けたとしても、JICCの事故情報が共有されているので審査では大きなマイナスとなります。

過去にトラブルを起こしている方は、加盟外の借り入れ先を利用しようとしても不可となる場合がほとんどであるため、カードローン審査において信用情報機関の加盟先を見ることは何の審査の対策にもなり得ません。

何らかの情報が記録されてしまっている方は、それぞれ定められている情報の保有期間内は申し込みをするだけ無駄に終わる場合がほとんどのため、自分自身でネガティブな情報をばら撒かないようにしてください。

ネガティブな情報を持っている状態で申し込みをしてしまうと、信用情報機関に情報の照会をされなければ分からなかったはずの情報が、審査によって見られてしまうことになります。信用情報機関での情報の保有期間は決まっていますが、それぞれの銀行や消費者金融、信販会社が独自に持つ情報の保有期間は定められていないため、余計な申し込みによって延々と残る悪い情報を与えてしまう可能性があるのです。

保証会社には何かと気をつける

オリックス銀行カードローンの保証会社はオリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社となり、それぞれ多くの保証業務をカードローンだけに限らず様々なサービスで行っています。

信用情報機関にネガティブな情報がある状態、返済能力に問題があるような状態でオリックス銀行カードローンへの申し込みを行ってしまうと、オリックス銀行に加えてそれぞれの保証会社にネガティブな情報が見られてしまうので、オリックス銀行カードローンの審査だけでなく今後の両社が関わる何らかの審査にも悪影響を及ぼすこともあります。

オリックス・クレジット株式会社も新生フィナンシャル株式会社も、カードローンだけで見ても多くの保証業務を行っているので、オリックス銀行カードローン以外での利用を今後に考える場合を含めても、余計な申し込みでネガティブな情報は与えないようにした方が良いのです。

  • ネガティブな情報が無ければ問題はない

オリックス銀行カードローンの審査に通過ができる見込みがある方で、特に信用情報機関に事故情報の記録がされていない方であれば、申し込みはそこまで不安に感じることもありません。問題となるのは事故情報の記録がある方となるので、正常な返済が進められている、他社での借り入れ自体が無いといった場合であれば問題はありません。

第0位

オリックス銀行カードローン

来店不要で口座開設も不要となる、安定した収入を持つ方に頼れる低金利の銀行カードローンです。

金利限度額審査時間来店
年1.7%~17.8%最高800万円最短即日不要
金利と限度額に優れるオリックス銀行カードローンは、申し込みから契約まで来店不要、口座開設も不要で手続きが進められます。自身で安定した収入を得ている方の利用に限られますが、自営業者や事業主の方でも事業資金でなければ利用が可能であり、頼れる借り入れ先となっています。少額の利用からまとまった金額の借り入れまで、リボ払いからの借り換えも含めて幅広く利用ができるのも良い点です。
オリックス銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る
トップへ戻る