ネットで申し込みが行えるオリックス銀行カードローンは、契約も来店不要で進められます。

おまとめにも借り換えにも

金利は年1.7%~17.8%、限度額は最高で800万円と優れた内容となっているオリックス銀行カードローンは、低金利で大きな金額で借りられる可能性があるためにおまとめや借り換えとしての借り方にも人気となっています。

今現在が高い金利で複数から細かく借りている方は、オリックス銀行カードローンで一本化を行う事で返済の負担が軽くなる可能性があります。また、多くの借り入れではないとしても、オリックス銀行カードローンよりも高い金利で借りている場合には、借り換えによって金利の軽減が期待できます。

金利負担が大きな借り入れとなると払っても払っても完済が見えてこないものですが、オリックス銀行カードローンへのおまとめや借り換えで負担を軽くできれば、完済へ向けた効率的な返済が進められるようにもなるのです。

期待ができる負担の差

おまとめや借り換えをオリックス銀行カードローンでの利用を検討する場合には、元々の借り入れ先とオリックス銀行カードローンでの金利差に注目をしなければなりません。元々の借り入れ先が低金利の銀行カードローンの場合には借り換えによる金利の軽減は効果が薄く、条件によっては寧ろ金利が高くなる可能性もあります。

今現在の利用条件がどの程度か、オリックス銀行カードローンで利用をする際の金利は大体どれぐらいかを確認してから申し込みを行わないと、おまとめや借り換えとしての負担減が期待できなくなります。

  • オリックス銀行カードローンの金利

オリックス銀行カードローンの金利は限度額によって分けられているので、おまとめにしても借り換えにしても、借り入れ希望金額に対応する金利を見ておく必要があります。全体としての金利や下限金利ばかりを見るのではなく、おまとめや借り換えの希望額の金利を見ておくことで、より正確な金利比較が行えるようになります。

限度額に応じた金利一覧

コース 限度額 金利(年)
100万円
未満
100万円未満 12.0%~
17.8%
100万円 100万円 6.0%~
14.8%
150万円 100万円超
150万円以下
200万円 150万円超
200万円以下
5.0%~
12.8%
300万円 200万円超
300万円以下
400万円 300万円超
400万円以下
4.5%~
8.8%
500万円 400万円超
500万円以下
600万円 500万円超
600万円以下
3.5%~
5.8%
700万円 600万円超
700万円以下
800万円 700万円超
800万円以下
1.7%~
4.8%
  • 200万円の借り換えを行う場合

200万円を他社で年15.0%の金利で借りている場合には、オリックス銀行カードローンで200万円を借り換えると年5.0%~12.8%の金利となるため、2.2%~10.0%の金利負担の減少に期待ができます。

  • 50万円×3社のおまとめを行う場合

50万円を年18.0%の金利で3社から借りている場合には、総額150万円をオリックス銀行カードローンでまとめると年6.0%~14.8%の金利となるため、3.2%~12.0%の金利負担の減少に期待ができます。

申し込み時の注意点

おまとめや借り換えとしてのオリックス銀行カードローンでの借り入れを考えている場合には、現在の返済状況はしっかりと確認をしなければなりません。おまとめにしても借り換えにしても、借金を整理するものではなく貸し付けることには変わりは無いので、しっかりと返済ができていない方に対しての融資が実行されることはないためです。

借り入れが増えて返済ができなくなったからといって、一本化で返済を楽にしようとオリックス銀行カードローンに申し込みをしたとしてもどうにもならず、借り換えに関しても金利負担が大きくて返済ができなくなってから借り換えの申し込みを進めても、審査に通ることはありません。

今現在の返済が正常に行えているのが、オリックス銀行カードローンでのおまとめや借り換えを利用するための最低条件となります。借り入れ先が多くて、金利が高くて返済ができなくなったからといってオリックス銀行カードローンでのおまとめや借り換えを考えるのは無理があります。

返済ができなくなってからのおまとめや借り換えの利用ができないのは、オリックス銀行カードローンに限ったことではありません。どの借り入れ先でも他社の利用がある方は今現在の返済が正常に行えていないと、審査には通らないようになっているのがほとんどです。

おまとめができる件数

オリックス銀行カードローンでのおまとめローンとしての借り入れを考える際には、いくら一本化を行うとは言ってもあまりにも利用先が多すぎると審査では不利になるとされています。一本化をするならいくつの借り入れ先があっても同じと感じるかもしれませんが、やはりあまりにも多くの借り入れを作ってしまう方は、信用の面で劣るために仕方がありません。

例えば2社程度の借り入れであれば、何らかの出費が重なった際に借り入れを増やしてしまっただけと考えられるものです。しかし、4社も5社も借り入れ先があると、お金に困るとすぐに借りてしまうタイプとも言えるため、オリックス銀行カードローンでのおまとめ一本化を行った後でも、返済に困れば再びどこかから借りてしまう可能性があります。

また、あまりにも借り入れ先が多いとお金に対してルーズな一面も見えてしまうので、おまとめ目的でのオリックス銀行カードローンによる融資も、全ての借り入れ先への返済を行わず一部のお金を自分自身で他の用途に使ってしまう可能性すらもあります。

これではおまとめとしての融資を行ったオリックス銀行カードローンへの返済も難しくなるので、あまりにも多くの借り入れ先を抱えている方のおまとめローンとしての審査は、どうしても通りづらくなってしまうのです。

  • 明確な件数の線引きはされていない

オリックス銀行カードローンでは、申し込み条件に借り入れ先の件数の明記はされていません。件数があっても申し込み自体は行えますが、通る見込みがない審査を受けても信用情報を汚してしまうだけなので、あまりにも細かく多くの借り入れ先がある方は、件数を少し減らしてからおまとめローンの利用を考えた方が良いです。

オリックス銀行カードローンの魅力

おまとめとしてでも借り換えとしてでも、オリックス銀行カードローンで借りる魅力がいくつかあります。そのうちの一つが提携ATMでの利用手数料がいつでも無料となる点で、借り換えにしても返済にしても全国に設置の提携ATMでいつでも手数料が無料となるためにお得に利用ができます。

おまとめとなると少し話は変わってきますが、借り換えで借りる場合に借り換え前と比べてオリックス銀行カードローンで金利がそこまで大幅には軽くならないとしても、提携ATMでの利用手数料の有無でメリットが生まれます。

借り換え前の借り入れ先は利用時にATMでの手数料がかかっているとすると、オリックス銀行カードローンはいつでも提携ATMでの利用手数料が無料となるので、今後のATM手数料負担で比べれば無料となるオリックス銀行カードローンが優れます。

余計な出費となるATM手数料はなるべく負担を抑えたいものなので、金利だけでなくサービス面で比べるオリックス銀行カードローンへの借り換えを考えてみるのも良いでしょう。

おまとめも借り換えも、オリックス銀行カードローンは基本的に限度額の範囲内での繰り返しの借り入れが利用できます。困ったときには追加で借りられるようになっているので、何かと便利で安心なのです。

第0位

オリックス銀行カードローン

来店不要で口座開設も不要となる、安定した収入を持つ方に頼れる低金利の銀行カードローンです。

金利限度額審査時間来店
年1.7%~17.8%最高800万円最短即日不要
金利と限度額に優れるオリックス銀行カードローンは、申し込みから契約まで来店不要、口座開設も不要で手続きが進められます。自身で安定した収入を得ている方の利用に限られますが、自営業者や事業主の方でも事業資金でなければ利用が可能であり、頼れる借り入れ先となっています。少額の利用からまとまった金額の借り入れまで、リボ払いからの借り換えも含めて幅広く利用ができるのも良い点です。
オリックス銀行カードローン
公式サイトで詳細を見る
トップへ戻る